本文へスキップ

本願寺小樽別院は京都西本願寺の別院です。

TEL. 0134-22-0744

〒047-0017 北海道小樽市若松1丁目4号17番

NEWSRECRUIT


《AED設置施設になりました》

このたび、AED(自動体外式除細動器)
            別院事務所受付付近に設置いたしました。














 《本願寺小樽別院法要参拝スタンプ・ラリーのご案内》

今年から「法要参拝スタンプラリー」を始めました。
小樽別院で1年間に勤まる恒例法要に参拝し、スタンプを集めるとその個数に応じて景品を差しあげます。
どなたでも参加できます。
スタンプカードは寺務所にございますので気軽にお越しください。














《佐賀教区からの団体参拝をいただきました》

2月に入ってから佐賀教区より「仏教婦人会連盟」「寺族婦人会役員」の皆様が
連続して小樽別院に参拝されました。
冬の北海道はどうでしたか。
寒い中ご参拝いただきありがとうございました。


「佐賀教区仏教婦人会連盟」の皆様





「佐賀教区寺族婦人会役員」の皆様











《新光説教所の雪あかり》

ちょっとピンボケですがロウソクの暖かな灯りが
雪国の雰囲気を照らし出していますね。















《聖典講読会公開講座 H30.2.18》

おかげさまで毎年恒例になりました聖典講読会の公開講座。
今年も70名ほどのご参加をいただき、天岸浄圓先生から
熱の籠ったご講演をいただきました。
















《ちょっと良いこと?@ H30.3.26》

春のお彼岸で本堂にお備えしたお菓子を、小樽市生活サポートセンター「通称:たるさぽ」にお届けさせていただきました。
例年は納骨堂の供物整理を手伝ってくださった壮年会の皆様とご奉仕の皆様にお配りしておりましたが、
本願寺の取り組みに賛同し社会貢献の一助にという輪番の思いから実現いたしました。
小樽市内のこども食堂や地域食堂、認知症カフェなどカフェネットワークを通じて活用していただけるそうです。













《ちょっと良いこと?A H30.3.26〜27》

春休みを利用して、双葉高校の生徒さんがお坊さん一日体験を申し込んでこられました。
除雪を手伝ってもらったり、「たるさぽ」へ一緒に行ったり、早朝5時に起床しお仏飯を作ったり、
夕方と早朝の鐘を撞いてもらったり、門徒さんのお宅への月参りに同行したり・・・・・
と小間使いも多かった気がしましたが、結構楽しんでいただけたように思います。
生徒さんの一生懸命な姿を見て、自分が高校生だった頃、別院に奉職させていただいた時のことを
職員各自が思い起こし初心忘るべからずと、身が引き締まる尊い経験をさせていただきました。


















《若竹保育所で入所式》

小樽別院関係施設である“若竹保育所”に、新しいお友達が入って来てくれました。
みんな仲良く楽しく思い出たくさん作りましょう。
よろしくお願いいたします。













《相愛高等学校の皆さんが参拝いただきました》

大阪の宗門関係学校(※本願寺関係学校のこと小樽の双葉高校も宗門関係学校です)である
相愛高等学校の皆様が小樽別院に参拝されました。
ご遠方よりのご参拝ありがとうございました。















《真宗教団連合仏教教養講座開催》

真宗教団連合小樽支部・常照会が主催する「仏教教養講座」が開催されました。



高瀬法輪 師


林家とんでん平 師







《前々住勝如上人十七回忌法要修行》

本願寺の前々住勝如上人の十七回忌法要をお勤めさせていただきました。










《佐賀教区牛津組の皆様のご参拝をいただきました》

今年は佐賀からのご参拝が多いです。
ご遠方より、ようこそ、ようこそ、小樽別院にご参拝くださいました。
雪の無い北海道は限られた時期だけです。素晴らしい旅でありますように・・・











《新光説教所法友会一泊研修H30.6.21〜22》

年に一度のお楽しみ。輪番とともに説教所の一泊研修です。
13名のご参加をいただき、札幌は石山の善住寺様へ参拝。
大倉山〜道庁赤レンガも観光し、
憧れの鶴雅リゾートのビュッフェでランチ。定山渓で一泊。
翌日は豊平峡ダム〜名物のカレーまで堪能しました。
みなさまご参加ありがとうございました。



石山の善住寺様


道庁赤レンガ


豊平峡ダム名物カレー






《北海道教区上川北組寺族婦人会の皆様のご参拝をいただきました》

ようこそ、ようこそ、小樽別院にご参拝くださいました。
ご本山や小樽別院とのご関係の深いご寺院が多く、有難いご縁でした。
またのご参拝お待ちしております。楽しい旅でありますように・・・











《雪害による本堂瓦の交換作業をいたしました》

毎年発生する雪国の宿命である瓦の破損修理です。
職人さんが名古屋から来られているということで、北海道の涼しさに驚かれていました。
おかげで作業が捗るとおっしゃっていました。ごくろうさまです。




今は便利な機械がありますが、昔は登るだけでも大変だったでしょうね。








《門徒推進員中央教修同期会(第157期)の参拝です》

平成15年から2年毎に同窓会を実施しているそうです。
日本全国から集まる中央教修、まさに御同朋御同行ですね。







別院の婦人会の皆様にもご接待ご協力いただきました。






《後志組連続研修修了》

1年間全12回の連続研修が修了し参加者25名が修了証を授与されました。
ご苦労様でした。










《別院にて教区Aブロック門徒総代会研修会開催》
北海道教区Aブロック(札幌、函館、後志、胆振、日高)の
門徒総代会180名余りがここ小樽に集まり研修会を実施いたしました






医者であり僧侶である佐々木恵雲師のお話に耳を傾ける参加者





《仏教婦人会の親睦会開催》
小樽別院仏教婦人会恒例の懇親会です。
今年は共和町の明善寺(鹿谷住職)様に参拝したあと、ニセコ町での親睦会でした。
天気も良く
芝原輪番と共に28名の参加をいただきました。










《お晨朝の百日参拝修了》
5月1日から始まった小樽別院のお晨朝百日参拝が8月8日に修了しました。
清々しい気持ちで、朝のお勤めをさせていただきました。
皆勤賞、精勤賞、努力賞と皆様がんばりました。有難うございます。






《お供物の役割》
毎年お盆やお彼岸にたくさんのお供物があがります。
いつもはほとんど廃棄されるのですが、小樽市生活サポートセンター「通称:たるさぽ」で小樽市内のこども食堂や地域食堂、認知症カフェなどカフェネットワークを通じて活用していただけることを知り、今年の春のお彼岸のときに一部ではありますが、提供させていただき、
多少なりともお役にたてました。
これを受けてお盆でも皆様の協力のもと提供させていただきました。















《大阪からのご参拝です》
別院職員の森さんのご親戚がお友達とご参拝いただきました。
ご一行の中に浅田正博和上のお姿が、突然で輪番をはじめビックリいたしました。











《北豊教区企救組永万寺のご門徒の皆様の
ご参拝をいただきました》


永万寺ご門徒の下原忠雄様はじめご親族の皆様、
ようこそ、ようこそご参拝くださいました。
またのご参拝お待ちしております。楽しい旅でありますように・・







《龍谷総合学園学校保護者連合会総会》

全国の宗門関係校の保護者会が一堂に会しての総会が開催されました。








《備後教区三次組のご寺院ご門徒様の
ご参拝をいただきました》


ご遠方より “ようこそ” “ようこそ” お参りくださいました。





本願寺小樽別院

〒047-0017
北海道小樽市若松1丁目4番17号

TEL 0134-22-0744
FAX 0134-29-4080